友人の結婚式に祝電を贈りました

結婚しきでの祝電って華やかでいいですね。電報だけでなく、付属のものがついてるほうがステキですね。

友人の結婚式に祝電を贈りました
友人の結婚式に祝電を贈りました

結婚式での祝電って嬉しいものです

結婚には、祝電がつきもののようなきがします。最近はネットとかがすごく発達してるので、こういうのも減ってきてるんだと思います。でも、やっぱり、もらうと嬉しいもんだと思います。うったことはなにですが、場所と時間がわかったら、打てるものですね。職場からとか一同からとかで、課長がお願いしてるのはみかけました。出席しない人からの祝福のメッセージって嬉しいものですね。紙にかかれてくるっていうのもいいもんです。覚えていてくれたっていうのがいいんだと思います。最近は付属のものもいいものがついてくるようになっていて、あとで飾ったりできるようになっています。ぬいぐるみとかがついてくるんですね。かわいいものが多いので記念に置いておくことができます。

10年以上前に結婚したのですが、いまでもまだその記念品はあります。記念のものなので、ずっととってあるかなって思います。実用的なものも存在してるので、コースターとか、そういうものがついてると、使えて便利ですね。お祝いの気持ちもはいってるので、そういう記念になる品を選ぶ人も多いだろうなって思います。費用がかかってくるので、そこは気持ちだけっていうわけにもいかないですね。いいものを選んだりすると、結構かかってきます。でもこういうのがないと結婚式って華やかな感じがしないですね。必要ないっていう人もいるんですが、お祝いの席なので、ちょっと無駄かなって思うものが多いほど華やかですね。